事業概要

地方にこそブランディングが必要です

せっかくいいものが地方にはたくさんあるのに、そのよさが伝わっていません。そこで頼りになるのが、ブランディングです。一つ一つの商品の魅力を際立たせ、メッセージ力を強化してコミュニケーションの質を高めます。モノからブランドへ進化したとき、全国への情報発信が可能となるのです。

 

 

世界で絶賛される日本の「景色」「伝統食」「工芸品」「伝承芸能」etc.
そのほとんどが、地方にあるものばかりなのに、
なぜか、スポットライトが当たりません。
それは、地方にとって、あまりに普通のことだから、
わざわざ声高に叫ぶ必要がないのかもしれません。
でも、その豊かさは、日本はおろか、世界の羨望を集めています。
地方は、自分たちのすばらしさに今こそ気づくときです。
そして、もっと自分たちの魅力をたくさんの人に伝えるべきです。
恥ずかしがることも、謙遜することもありません。
なぜなら、日本らしさって、地方そのものなんですから。
地方には、日本の宝ものがたくさんあふれています。

 

▲このページのトップ